こちらもおすすめ!

このページは「メガ速ニュースDE-DON!」が管理しています。


(出典 i.daily.jp)


マジか!

1 首都圏の虎 ★ :2021/06/24(木) 08:45:54.20

 「エンゼルスージャイアンツ」(23日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・投手」で今季8度目の投打同時出場。投げては6回、今季最多の105球を投げて6安打1失点、9奪三振、2四球の力投を見せたが、打線の援護なく、勝敗はつかず。打者では3打数無安打2三振で打率を・265とした。

 中5日、前日のナイター終了から16時間半後のデーゲームに登板した大谷は初回1死からディッカーソンにスプリットを右前は運ばれた後、四球でピンチを招く。しかし、4番ベルトをスライダーで空振り三振に斬るなど後続を断って無失点に抑えた。

 二回は1死から7番ダッガーに151キロ直球を中前打されるもスライダーで2者連続三振に仕留める。三回と四回はいずれも1死から単打を許したが、後続につけ入る隙を与えなかった。

 痛恨の1球は五回1死だ。1番ヤストレムスキーにカウント1-1から投じたカットボールが甘く入り、右翼へ運ばれる。先制点。マウンド上から打球の行方を目で追った右腕は悔しさをにじませた。そこから二塁打、四球で窮地に陥るもベルトへの5球目にこの最速の160キロを計測し、最後は159キロ直球で空振り三振。続くクロフォードには145キロスプリットでバットに空を切らせた。

 五回を終えて94球。この時点で今季初登板となった4月4日の92球を越えるシーズン最多を更新した大谷は六回も続投する。気迫の投球で三者凡退に仕留め、1-1の同点の状況でマウンドを降りた。

 大谷が100球以上投げたのは18年5月20日のレイズ戦での110球以来、約3年ぶり。105球は米自己2番目。

 打者では右腕ガウスマンに対し、初回の打席は一ゴロ。三回と五回の打席もスプリット攻めで連続空振り三振を喫した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81018cb1a807e5fbed025fb65fe439c000a6152b

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)