こちらもおすすめ!

このページは「メガ速ニュースDE-DON!」が管理しています。


(出典 previews.123rf.com)


ヤバいなあ!

1 :2021/04/10(土) 18:49:14.71 ID:dlMDnJe20●.net BE:256273918-2BP(3500)


(出典 img.5ch.net)

米連邦議会上院外交委員会は8日(現地時間)、中国けん制を目的とする総合対策を定めた超党派による法案「戦略的競争法2021」案を公表した。

同盟国やパートナー国と協力し、軍事と経済の両面において中国を締め付けると同時に、最先端の科学技術を米国が先に確保し、長期にわたる競争で勝つことを目指すという構想だ。

バイデン大統領の対中政策を支えるために米民主党が中心となってとりまとめられた法案だが、共和党もこれに完全に合意したことから、この法案は米国による今後の対中政策の土台になりそうだ。

この法案は韓国について日本、オーストラリア、フィリピン、タイなどと同じく「インド・太平洋地域における重要な同盟国」と表現している。

しかし日本とオーストラリアは数々の実質的協力事業のパートナーとしてこれとは別に何度も言及されているが、韓国は「韓米相互防衛条約上の防衛対象」ということ以外はほぼ取り上げられていない。

この法案から米国議会が「中国の強圧に対抗するため同盟国とパートナー国の軍事力強化を重視する」という考えを持つこともわかった。

米国と同盟国、パートナー国が中国における軍事技術の発展を阻止するため、これまで以上に緻密な輸出統制の仕組みを築く必要性、さらには中国の弾道ミサイルや極超音速兵器の開発に対する監視や報告の必要性についても明確にした。

とりわけこの法案は「インド・太平洋における安全保障を強化するため」として日本の軍事力増強を強調している。

日本の長距離精密火力、防空力とミサイル防衛力、海洋安全保障、情報と監視・偵察能力の向上を米国として支援すべきことを定めているのだ。

日本が中国をこれまで以上にしっかりと監視し、必要な場合は長距離ミサイルで攻撃もできるよう支援すべきということだ。

また安全保障上の新技術獲得を目指す両国の民間分野における協力を後押しするため「米日国家安保革新基金」を立ち上げるという内容もこの法案に明記されている。

米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国連合体「クアッド」参加国の間には「より多くの軍事的な対話、合同訓練が行われなければならない」という条項もある。

米国にとって条約上の同盟国であると同時に、クアッドの一員でもある日本とオーストラリアの役割は自然な形で強調されている。

「米国、日本、オーストラリアの間で締結された三カ国軍事情報保護協定を通じ、日本やオーストラリアとの軍事協力をより一層深めねばならない」という条項もある。

これに対してクアッドに参加していない韓国はこの法案全体で占める割合が非常に小さい。法案全体で日本は31回、オーストラリアは15回登場するが、韓国は8回にとどまった。

法案は軍事力強化と同時に科学技術の革新とインフラへの投資も重視している。半導体や第5世代(5G)移動通信、人工知能、生命工学、光ケーブルなどの核心技術分野における中国の脅威について認識を同じくする国々が結集するということだ。

しかし科学技術の連帯を目指す米国の動きの中に韓国はほとんど見えてこなかった。

朝鮮日報日本語版/2021/04/10 09:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/10/2021041080006.html





3 :2021/04/10(土) 18:51:23.58 ID:6zFdBVXS0.net

中国イラン北朝鮮韓国ロシアという日本包囲網に入れたんだからいいじゃんかw


7 :2021/04/10(土) 18:53:05.24 ID:rGsGZos20.net

正解かもしれんぞ


11 :2021/04/10(土) 18:55:09.19 ID:GJBrHevX0.net

どうしたいかハッキリしろよw


14 :2021/04/10(土) 18:56:35.40 ID:isD9+wTy0.net

これで勝つる