(出典 dol.ismcdn.jp)


邦画は見ないな( ´ ▽ ` )

1 Egg ★ :2020/02/14(金) 19:33:24 ID:KTFtd1fS9.net

● 韓国映画『パラサイト』がアカデミー賞 アジア初の快挙を成し遂げた2つの勝因

 韓国映画『パラサイト』が世界最高峰の映画賞であるアカデミー賞で、英語以外の映画として初の作品賞を受賞しました。かつ、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞も獲得し、アカデミー賞で四冠を達成しました。

 私は昔、仕事の関係で多少ハリウッドに関わった経験から、ハリウッドはユダヤ人が仕切る閉鎖された難しい社会という印象を強く持っていました。そこで、韓国人だけが出演する英語ではない映画が四冠を達成したというのは、もう凄いとしか言いようがありません。

 それでは、アカデミー賞受賞を実現できた要因は何でしょうか。『パラサイト』が作品として素晴らしいのは、もちろんです。それに加えて、すでに多くのメディアが報道しているように、アカデミー賞をめぐる環境変化もプラスに作用したのでしょう。5年前くらいからオスカーでの白人優遇に対する批判が高まっており、その結果として、2015年はアカデミー賞選定に投票できるメンバーのうち有色人種の割合が8%しかなかったのに、今はそれが16%まで高まっているのです。

 しかし逆に言えば、『パラサイト』の偉業達成の要因はそれだけでしょうか。私は個人的にもう2つ大事な要因があり、それらは日本のコンテンツ政策とコンテンツ産業に大事な教訓を示しているのではないかと思います。

 1つ目の要因は韓国政府のコンテンツ政策です。

 韓国では、1999年に「文化産業振興基本法」が、そして2001年には「コンテンツコリアビジョン21」が制定され、国家戦略としてコンテンツ産業の強化に取り組みました。

 実際に、たとえば1999~2003年の4年間で約1300億円の財政資金がコンテンツ産業に集中投資され、その後も継続的に支援が続いています。それまで韓国にはコンテンツ産業に対する目立った支援策がなかったことを考えると、ここから国を挙げてのコンテンツ振興が始まったといえます。

2/14(金) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200214-00228716-diamond-bus_all

1 Egg ★ 2020/02/14(金) 06:21:05.22
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581628865/





2 Egg ★ :2020/02/14(金) 19:33:39 ID:KTFtd1fS9.net

そして、政府の支援の対象には当然映画も入っています。かつ『パラサイト』のポン・ジュノ監督の最初のヒット作品が2003年の『殺人の追憶』であることを考えると、ポン・ジュノ監督は韓国のコンテンツ政策の恩恵を被った第一世代であると考えられるのではないでしょうか(正確には、李明博政権下の韓国政府は、自国に批判的な映画をつくる製作者たちをブラックリストに載せ、それらの人たちへの公的支援を打ち切るという弾圧を行なっていたので、その時期は公的支援が打ち切られていました)。
 
 映画以外にも、2018年に韓国のBTS(防弾少年団)が米国のビルボード200(アルバムチャート)でアジア圏のアーティストとして史上初の第1位に輝くなど、今になって考えれば、韓国のコンテンツが米国市場で成功を収めている背景には、韓国政府の戦略的なコンテンツ強化策があったのです。

● 日本の「クールジャパン政策」は なぜ目立った成果を出せないのか

 ここで、1つの疑問が生じます。韓国政府の動きを真似て、日本でも2000年代からいわゆる「クールジャパン政策」に総称されるコンテンツ強化策が講じられているのに、なぜ日本ではそこまで目立った政策の成果が現れていないのでしょうか。

 紙幅の関係で簡潔に書くと、韓国と比べて日本は才能ある個人よりも企業を支援の対象とし、かつ税金を原資にしていることを理由に、短期的な成果を求め過ぎるからではないかと思います。

 たとえば、韓国で映画が制作される場合、映像専門投資組合が組成されて、そこに民間資金と政府資金が投入されます(古い数字ですが、2005年段階では韓国映画の総制作費に占める財政資金の割合は19%に上りました)が、財政資金は損失を優先負担する取り決めになっており、政府が映画制作のリスクを優先的に負っているのです。

 それに比べると、たとえば日本政府のクールジャパンファンドは、政府が721億円出資と規模こそ大きいですが、損失が出ると野党や世論の批判がすごいので、リスクの大きい投資はほぼ無理です。また、文化庁の微々たる文化振興予算は個人を対象としていますが、クールジャパン政策の胴元である経産省の予算は企業を対象としたものばかりです。

 これでは、コンテンツ政策の成果で日韓に大きな差が出てしまうのはやむを得ないと思います。


3 Egg ★ :2020/02/14(金) 19:34:12 ID:KTFtd1fS9.net

● 韓国コンテンツに共通する グローバル志向

 もう1つの要因は、コンテンツをつくる側のグローバル志向です。

 韓国は国内市場が小さいため、コンテンツをつくる側が最初から世界市場を視野に入れて制作しているという点も大きいはずです。この点については、韓国の映画やテレビドラマ、K-POPが世界に浸透している様子を見れば、明らかではないでしょうか。

 それに比べると、日本はまだまだ国内市場が大きいこともあり、国内である程度ヒットすればそれなりの収入が見込めるので、コンテンツをつくる側は国内市場での成功で満足しがちな面があります。それが日本のコンテンツが世界進出するうえで支障となっているのは否定できません。

 ただ、日本でも明らかに変化が現れているように見受けられます。これだけ人口減少(=国内市場の縮小)とグローバル化が叫ばれているので、企業と個人の双方のレベルで最初から世界市場を視野にコンテンツを制作する例が増えているように思えます。

 私が知っている範囲で見ても、たとえば私が顧問を務めるエイベックスは、花火大会を現代的なショーに進化させた「スターアイランド」を、国内のみならずシンガポールやロシアなど、世界各地に展開しつつあります。

 また、私の親友でもあるアニメのビジネス・プロデューサー、竹内宏彰氏(今大人気の新海誠監督を発掘した人)は、2003年にハリウッドと共同で『アニマトリックス』(アニメ版のマトリックス)を制作したのをきっかけに、ハリウッド人脈を広げていき、今やビリー・アイリッシュ(先月のグラミー賞で5部門を受賞した、米国で最もホットなミュージシャン)のアニメ・ミュージックビデオのプロデュースを手がけるなど、海外のアニメ市場で大活躍しています。

 そして重要なのは、これらの海外で大成功しつつある企業や個人は、政府のクールジャパン政策の支援を一切受けていないということです。政策はダメだけれど制作する側のポテンシャルはまだ大きいから、アカデミー賞のような華々しい成果はないけれど、日本のコンテンツは世界中で評価されている、というのがクールジャパンの現実なのです。

● ポテンシャルはある コンテンツ政策を大転換せよ

 この事実から得られる教訓は明らかです。私は、アニメやマンガ、J-POPなどのいわゆるポップカルチャーのみならず、日本各地で異なる魅力を持つ食や伝統文化など、日本の広い意味でのコンテンツはいまだに大きなポテンシャルを持ち、政府の頓珍漢なクールジャパン政策の恩恵に浴せなくても、制作する側の力だけで世界中から評価されています。

 そして、多くのコンテンツ制作者がグローバル志向を強めつつある今だからこそ、クールジャパン政策を正しい方向へ軌道修正して、政策的支援が政府と繋がりのある一部の企業ではなく、才能ある個人やチームに向け、かつ短期的な成果を求めないようにすれば、10年後か20年後に日本のコンテンツがアカデミー賞やグラミー賞を獲得できるのではないでしょうか。

 今回のアカデミー賞で松たか子さんが歌っただけで、これだけ日本中が盛り上がったのを見ても、日本が国際舞台で存在感を示すことができれば自信を取り戻せるし、世界の日本を見る目も変わるのではないでしょうか。

 今の内閣の布陣は総じてあまり評価できない中で、幸いなことに、クールジャパン担当副大臣は平将明議員という自民党きっての若手改革派が務めています。つまり、今はクールジャパン政策を大転換する絶好のチャンスなのです。

 『パラサイト』のアカデミー賞受賞がきっかけになって、コンテンツ制作者を支援する政策が正しく講じられるようになってほしいものです。

 (慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授 岸 博幸)


4 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:35:27 ID:xoMxExkH0.net

るろうに剣心が次取るから見とけよ


5 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:36:45 ID:oZZXsyxw0.net

ネトウヨ発狂


6 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:36:57 ID:S8MTtzr40.net

先ずは、芸能事務所や広告代理店忖度キャストやめろ 話はそれからだ


18 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:40:29 ID:TkYcvwcg0.net

>>6
電通博報堂が儲けるための製作委員会
撮影現場のブラック待遇も無くさないとな
どうせ電博がボリすぎなんだろ


7 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:37:36 ID:/ibUNG+r0.net

韓国がアカデミー賞常連になったら、なぜ日本は取れないかって話になるのでは?
「パラサイト」は国は関係なく面白かっただけでしょ。
「スラムドックミリオネア」がアカデミー賞取った時に、インドは取って日本は取れないって話あったっけ?


9 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:37:57 ID:Qm7fwEqS0.net

割と本気で邦画って世界で一番レベルが低いと思う


14 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:39:17 ID:nW/ZBEir0.net

ロビー活動の差か


16 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:39:54 ID:MaJ4pvhr0.net

日本人の平和ボケが全て


21 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:41:52.32 ID:gHxfDGFW0.net

そりゃ札束ビンタしてないからなぁ


23 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:42:05.52 ID:gZZX26uAO.net

今年のオスカー作品賞のノミネート作品は、
近年まれにみる、出来の良い作品が揃ってたよ
ノミネート作品ぜんぶ観れてる訳じゃないけど、
今んとこハズレは無い
んで、
今2020年現在の実写邦画が、このレベルの作品を出せるかっつうと
そうとう頑張らないと厳しいんじゃないかなぁ…


24 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:42:21.80 ID:uNnJH4Z30.net

広報費に100億つかってるらしいな
そりゃねw


25 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:42:30.66 ID:ZWNNTi2s0.net

<日本がノーベル賞をたくさんとって韓国が一つもとれない「根本的な差」>
というのも考えてほしい。
正直、アカデミー賞など関心がない。


27 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:43:13.75 ID:4EAuJEpj0.net

>>25
そりゃ君は関心ないのかもしれんけど
関心のある映画監督がなぜ取れないのかって疑問の答えにはならんでしょ


26 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:42:48.91 ID:SHFDC0Hc0.net

評論と批評が腐ってるからだろ


28 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:43:17.72 ID:jQjRPYkG0.net

韓国の方がアメリカを向いてるからね
日本は国内視野の独自路線が強すぎて海外を見てない
近年のどのコンテンツにも言える現象
だからといって劣ってるとは思わないけどね。世界で認知度が薄いガラパゴスコンテンツで明らかに世界より上と言えるものは沢山あるし


31 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:44:07.27 ID:M+Yc6U5m0.net

日本映画監督協会の理事長しっかりしろ!


35 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:44:49.45 ID:ElXFfX4X0.net

>>33
でも、お前ノーベル賞取ってないよな?


34 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:44:44.99 ID:n1o0+Lii0.net

日本の映画人は「スタッフは味噌汁作って頑張ってる!」とか作品と全く関係ないことでアピールしてるからな。


37 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:45:08.39 ID:pyU5Btsb0.net

ちょっと作品賞受賞したからって大袈裟だな
だいたい日本もおくりびとが外国語賞取ってるしたいして差はない


40 名無しさん@恐縮です :2020/02/14(金) 19:46:08.08 ID:ElXFfX4X0.net

>>37
外国語賞は外国映画が取る賞だから