(出典 www.1242.com)


怖いよな( ´ ▽ ` )

1 首都圏の虎 ★ :2020/01/16(木) 16:18:54.88

「家族に遺書を書きました。艦長からも『危険な任務』との訓示があり、不測の事態に備えなければと……」

 そう明*のは、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の乗組員である20代の1等海士だ。同艦は、2019年末の閣議決定に基づき、1月下旬に横須賀基地を出港。1年間の予定で、中東への派遣が決まっている。

 だが、いま中東は、一触即発の危険な状態だ。1月8日、米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官暗殺への報復として、イランがイラク国内の米国基地をミサイルで攻撃した。

 米国時間の1月8日(日本時間9日未明)に演説したトランプ大統領は、イランへの追加の経済制裁を表明。さらなる軍事衝突は回避されたが、予断を許さない。

「たかなみ」は2003年に就役後、スマトラ沖地震の救援など、多くの海外活動に従事してきた。今回の活動範囲は、オマーン湾、アラビア海北部から、アデン湾にかけての公海。中東地域で、「日本に関係する船舶の安全確保に必要な情報収集態勢を強化する」のが目的とされている。

 だが、もしも海自の活動中に、戦争状態に突入したら――。

 本誌は、派遣される「たかなみ」の乗組員らに、率直な心持ちを聞いた。「海賊退治などで経験豊富な本艦の乗組員として、誇りに思う」(30代・3曹)といった勇ましい声もあるが……。

「どこに敵が潜んでいるのかがわからない。攻撃されたら、ひとたまりもない」(30代・2尉)

「途中で交代があるはずですが、現段階では派遣期間がはっきりしなくて、家族も気を揉んでいます」(20代・曹長)

 などと、不安を隠さない。ある20代の女性乗組員は、きっぱりと、こう言ってのけた。

「ほんとは行きたくありませんけど、そんなことは言えません!」

 アラビア海には、ジブチを拠点に海賊対策にあたっているP3C哨戒機2機も投入された。海自の厚木航空基地で同型機に搭乗する乗務員たちも、同様に心情を吐露する。

「ジブチに派遣されたこともありますが、1日8時間以上の任務では、一瞬たりとも気が抜けません」(操縦士)

「いずれ声がかかるかもしれませんが、新婚なので、家内によけいな心配をかけまいと気をつけています」(乗務員)

 イラン情勢の悪化を受け、1月11日から行っているサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国歴訪を、一度はドタキャンした安倍晋三首相。自分はビビっておきながら、自衛隊員は派遣する。

「米国とイランの両方と良好な関係を保っている」と言うのなら、いまこそ仲介役を買って出るべきだろう。


(週刊FLASH 2020年1月28日号)

1/16(木) 6:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00010001-flash-peo