米中ともに不満の貿易合意、成立の裏側 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
米中ともに不満の貿易合意、成立の裏側  ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
(出典:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)



(出典 www.mag2.com)


そうなったら大変だな( ´ ▽ ` )

1 ガーディス ★ :2020/01/16(木) 02:28:10.96

2020年1月14日、中国紙・環球時報は、「米中関係が悪化すれば、尖閣諸島に極超音速ミサイルを配備する」と米陸軍の高官が述べたと報じた。

環球時報によると、米陸軍のライアン・マッカーシー長官は10日、米シンクタンク、ブルッキングス研究所で行われたインタビューで、
米陸軍が中国とロシアに備えるため、電子戦、サイバー攻撃、極超音速ミサイルなどによる作戦を行うことができる「マルチドメインタスクフォース」を太平洋地域に配備する計画に言及した。

そして、「今後、米中関係が悪化し、対立が激しさを増すネガティブな状況になった場合、どのように配備するか」と問われると、「尖閣諸島、もしくは南シナ海のどこかに、この新しい部隊を配備することができる」と述べたという。(翻訳・編集/柳川)

https://www.recordchina.co.jp/b773865-s0-c10-d0054.html