(出典 dot.asahi.com)


エラいなあ( ´ ▽ ` )

1 樽悶 ★ :2019/12/31(火) 18:28:35.71

口先だけで「草の根」と ほざく どこかの党首と違い、山本太郎は行動で底辺の人々に寄り添う。=30日、渋谷区美竹公園

(出典 static.blogos.com)

この日は約100食の中華丼と鮭フライが配膳された。=30日、渋谷区美竹公園

(出典 static.blogos.com)

2020東京五輪をあて込んだ商業施設。奥の高層ビルはホテル。宮下公園の面影はどこにもない。=30日、渋谷区

(出典 static.blogos.com)


 鉄とコンクリートの建造物がグロテスクな姿をさらしていた。正体は「2020東京オリンピック」を当て込んだ商業施設だ。 

 ここは3年前までは樹々が生い茂り、子どもたちがサッカーに興じ、通りがかりの人々が憩っていた公園だった。

 JR山手線沿いにあり渋谷駅から徒歩10分もかからない。交通至便であることから「宮下公園の炊き出し」は、野宿者たちにとって有難い存在だった。

 だが渋谷区は大手デベロッパーに公園を貸し付け、デベロッパーはショッピングモールやホテルの入る商業施設へと建て替えたのである。来年(2020年)春オープンの予定だ。

 相場よりもべらぼうに安い地価で私企業に貸し付けたとして、渋谷区は住民から損害賠償請求の訴えを起こされている。

 商業施設への建設工事は強制的でしかも騙し討ちだった。制服警察官とガードマンを大量投入し、宮下公園を封鎖してから着手したのである。2017年3月のことだ。

 長年親しまれてきた「宮下公園の炊き出し・共同炊事」は、その年の暮れからすぐ傍の美竹公園に場所を移した。

 宮下公園の頃から炊き出しを手伝っているのが、れいわ新選組代表の山本太郎だ。

 30日夕方、美竹公園に着いた山本は、フライを揚げた。毎年のことなので慣れた手つきだ。山本は毎年末、東京や横浜で炊き出しをハシゴする。理由を尋ねた。

 「寝泊りも食事もままならない人々がいる。政治の現場にいる人間はそれを知っていなければならない。とてもじゃないが良い年をお迎えくださいなんて言えない。『住まいが権利』になっていれば、こんなことにならない」。

 山本は揚げ物の手を休めることなく答えた。

 年が明ければ安倍政権がマスコミを総動員して五輪狂騒曲を奏でる。全国各地に雨後のタケノコのごとく「子ども食堂」ができ、ついには「大人食堂」まで登場した。

 そう。この国はオリンピックなんてやってる場合ではないのだ。

 人々が食べられる国、誰しもが住まいを持てる国にしなくてはならない。人間が持つ当然の権利として。(敬称略)

2019年12月31日 07:01
https://news.livedoor.com/topics/detail/17602973/