22日に放送された『モーニングショー』(テレビ朝日系)でのあるやりとりが物議を醸している。

 この日番組では、甲子園の試合を炎天下で開催する是非を議論した。番組には島根の開星高校を8度甲子園に導いた元監督の野々村直通氏が出演していたが、この問題について野々村氏は「鍛えていたら(熱中症では)死にませんよ」と強調。「暑い中耐えて頑張ってる高校球児を見たがってる人もいる。そこに感動する」と暑さを避けることに反対した。これにコメンテーターの高木美保が「涼しい時間帯でやる、季節をずらすってのは一つの手」と反論した。

 また、番組では鈴木大地スポーツ庁長官の「高校で燃え尽きてもいい、という考えは時代遅れ」という発言も紹介されたが、野々村氏は「高校野球燃え尽きて何が悪い、と思うんですよ。燃え尽きてこそ次の人生」と反論。さらに、「今はあまりにも優しすぎる」「温室育ちするから、非常に弱い日本になってる」と話していたが、これに高木は「『たとえ倒れてもやろう』ってのと、『倒れるまでやらせる』っていうのの区別が、ちゃんとそこについてるのか? そこまで分かってる指導者ってそれほどいますか?」と指摘していた。

 しかし、結局ふたりの意見は交わることはなかった。コメンテーターの玉川徹氏らも野々村氏に反対意見を述べていたが、野々村氏は最後まで「『倒れてもやれ』とは言ってないですよ。『倒れるまでやるって気持ちでやれ』っていうことです」「精神を鍛えなきゃだめ」と、精神論、根性論を説いていた。

 このふたりの論争に視聴者からは、「こういう人がいるから環境が改善されないんだね…」「老人のロマンのために甲子園があるわけじゃないんだけど…」「甲子園っていう幻想を見過ぎて実際にプレーする高校生のことを考えられてない」などと野々村氏を批判する声が集まっていた。

 一昔前と比べて夏の気温が上昇していることもあり、精神論で乗り切れる状況ではなくなってきたというのが大多数の意見。野々村氏の意見には困惑の声が噴出してしまっていた。

高木美保


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 data.ac-illust.com)


今の暑さは昔と違う!ナメたらあかんぜよ( ´ ▽ ` )

<このニュースへのネットの反応>

精神論を語る奴って、人間は努力と根性で金色に輝いてパワーアップするって本気で思ってそう


JOC委員の座、狙ってんのかな?


このジジィ野球しか知らない老害だからな。全世界のスポーツからしたら野球なんて超マイナー競技。オリンピックでも再三ごり押ししても通常競技に格上げできない。野球で根性鍛えられるのなら、自転車ロードレースなんて超弩根性が備わるぞ。全世界のロードレースなんて峠越えの200キロ走るそれも気温が35度以上の時もあれば大雨・雹も降る事も。野球なんて試合中雨降ったら中断ね


そうか…じゃあこのジジイとあの張本をいっぺん高校野球部1日体験入部させてやろうぜ。 もちろん子供達と条件一緒で。


それじゃ鍛える前の学生なんかは全員屋外スポーツ禁止にするの?


野球なんてもう辞める競技だよ。体は壊すし、50歳になっても出来やしない。何がチームスポーツだよ。一人が足引っ張っても判らない競技なんて要らない。自転車ロードなんて全身運動だし歳とってもできるスポーツ。来年のオリンピックの自転車ロードレース見てからどちらが根性有るか言って見な。


倒れるまでやって、それで選手生命終えたやつも多いんだろうな


精神論で済むなら医学なんか要らんまぁなまじ精神論で成功してしまったからなんだろうな成功に一番貢献したのはお前では無く頑張って来た選手だと言うのにそれを忘れてたからこうまで傲慢になれる


根性論で物言うのならこのジジィと張本を100キロという距離をロードバイクで気温35度以上で走らせよう。野球より根性要らないくて楽なのだろう。野球が全世界で一番と思っている奴らにさせよう


まぁ半分本当。代謝というのは鍛えられるからね。でも限界を超えればダメなのは当たり前のこと。


じゃあ、この元監督とやらに実践してもらったらいいじゃん。この元監督だけ水分補給も休憩もなしで球児たちの練習に参加してもらうのでいいかな。昭和の時代は練習中に水を飲むのは体に悪いという認識だったよね。


いやいや、鍛えてても熱中症になってしまったら命に関わるやろ・・・


時代錯誤にもほどがある…


>「暑い中耐えて頑張ってる高校球児を見たがってる人もいる。そこに感動する」   そんなリョナ一歩手前のドSなんかそうそう居ねぇよ。見たいのはあくまで「頑張ってる高校球児」だよ。


例えば一日中エアコンの効いた部屋で生活してるヤツを炎天下に出したら一発でダメだが、日頃から暑さ慣れさせてるヤツを炎天下に出しても発汗機能や代謝機能が発達(鍛えられてる)ので耐えられるというのと同じ。根性論とは全く別なスポーツ科学。


安全な立場から他人に危険を冒すことを強制し、あまつさえそれを賛美することこそ人間にとって最も恥ずべき事だってヤン・ウェンリーが言ってた


まぁ、マラソン選手のためにコース全域にエアコン付けたりしないのと同じで、ある程度の環境差に対応できる身体をつくるのもスポーツのウチだと思うよ。


老害の高校時代と今の高校生の時代で大きく違うのは、気温だよ!昔は今ほど熱中症で倒れることがなかったが今は老人も若者も気を抜くと熱中症になる!室内にいても熱中症になるくらい温度が上昇している!そして異常気象!精神論ではどう頑張っても越えられない壁です!それを理解してください!


ちなみに、若者と、中高年や老人とは身体の基礎代謝が違うので「お前がやってみろ」は暴論。ガキの頃、夏休み中外で遊び回ってても熱中症にならなかった経験は普通にあるはず。あれは基礎代謝が抜群に良いから。


野球のユニフォームも発刊性があると言っても、まだ長袖のままで数枚着る。守備の間でも投手と捕手以外はボールが来るまでは暇だ。攻撃の間はベンチで休んでいられる。何が根性論だよ。練習の間ばかりの事言っているがどのスポーツも練習の間が一番きついぞ。野球だけが大変な訳じゃない。高校野球なんて科学的な研究も無し学校主体で無茶な事ばかり。学校対抗だけで良いことなし。


外に出るのがほぼ危険な灼熱地獄で野球をする子供達が見たいと、それは命を自ら危険にさらして苦しむ子供達を見るのが楽しいってわけだ 高校野球が好きな人間は子供*の犯罪者予備軍ってことでいいな?やっぱダメだ 野球は日本をダメにしたわ


高校野球とか、少し外野の人間が口出ししすぎておかしくなってるよね。根性論は嫌だけど、本人達が嫌なら辞めれば良いだけなんじゃないの?


>「暑い中耐えて頑張ってる高校球児を見たがってる人もいる。そこに感動する」 要するにこれよね。「辛い中頑張っている」ってシチュエーションも含めて見世物になってる。高校野球は教育の場じゃなくて興行だからね。


自転車ロードレース用のジャージ見たら判るけれど超薄くて一枚きり。走っている間は風圧で汗を蒸発さして体を冷やす。それでも追いつかないときは、ストッキングに入れた氷をジャージの中にへと。色々と科学的に考えて飲み物・食べ物を渡してレースする。野球なんてベンチ以外では何もできない。転倒しても軽い怪我は走りながら治療もする。途中中断なんてもってのほかだよ。


表立って出てきてないだけで昔も倒れてたのはいたと思うんだけど、その理論だと、鍛えているアスリートはどうにかなったとして、観客やスタッフは鍛えてないので普通に熱中症で死にますよね?


まあそうだけど甲子園行きたい奴もいる常連校ならレギュラーになりたいから無理して練習した結果熱中症で倒れてそのまま帰らぬ人になったら意味ない!大人が子供の夢を妨害している!それよりも監督の責任を学校側が契約時しっかりと明記すべき熱中症は監督責任!暑くてもやり方次第だし、給水をこまめにしたり1つの練習の合間に小休憩で塩分取ったりもっと夏場の練習方法を改善すべき!


夏の甲子園に入場料金払って見に行く観客バカだよ。体も鍛えていないのに40度以上になる屋根なしのスタンドに滞在するのだから。客こそ自死に値するよ。各コース沿線に自動車で乗り付けて通過するまで涼して自車の中で過ごせる訳でもない。各マスゴミたちが挙って宣伝するから見てるだけだろう。マスゴミが取り上げなくても根性要るスポーツは他に沢山ある。


アレルギー持ちの人に「特訓だ」とか言って無理矢理反応物を食べさせてそう


甲子園レベルならもともと熱中症なんかにならない身体能力があるだろ。鍛えてどうにかなるものではないくらい一般人とは違う。ので、体育会系の論理で従業員をこき使うと労災が多発するw


一般論として鍛えている人間のほうが強いのは当たり前。熱中症で*9割が老人と乳幼児という事例から見ても明らか、これは認めなければならない。しかし鍛えていれば熱中症にならないかといえばさにあらず。結論、熱中症には気をつけましょう。


昔と今じゃ気温が違うのがデータとして残ってるだろうに…そもそも鍛えられるとして、結果*だら責任はとれるのだろうか?


因みに鍛えたらとは言うが野球は他のスポーツ以上に厚着なんで鍛えてどうにかなるもんじゃないやった事がないから言っているんだろうな特にスパイクは絶望的な熱さだし帽子は必ず着用ズボンは長ズボン以外無いし捲っているところ以外は通気性も絶望的上は重ね着する始末気を遣っていても毎年救急車に運ばれるからな


因みに着ないと練習はさせて貰えないし脱いだりなんかしたら罰として走らされるからな


そりゃどんな事でも馴れてりゃ耐えられるが、そういう話じゃないでしょ?


よし、じゃあ実験してみようか。ねえ、野々村直通殿?とりあえず気温40度、湿度80%で5時間休憩なし、でどうかな?


ちなみに、スポーツ及びトレーニングは完全に科学なんで根性論の入る余地ないよ?


そもそもスポーツでの自然の下でやる競技では自然のあるがままでのプレイが基本じゃねぇの?wあと理屈で勝てるのなら根性論は生まれねぇよw


もはやマン島TTオートバイレースのように「出場したくば落命も少しは覚悟しろ」という感じになるのかもね。


鍛えていたら炎天下でも熱中症で*ないとか妄言を吐く、老害監督の持論は、数十年前の炎天下でも気温が30度いくかどうかの時代でしょ。ならこの老害監督に、35度を超える炎天下で一日野球をやらせてみろ。


奇麗事を言えば「生徒の健康と安全を最優先」なのでしょうけど、今や甲子園高校野球は莫大な総額が動く巨大イベントで 大人の事情も有るのでしょうね。