家族だからこそ、自分の親に対して不満や怒りを覚えやすい面はあるだろう。海外には親の行動に納得がいかず、理不尽な理由やちょっとした甘えから、親を訴えた子供の例がいくつかある。

 2019年2月、「僕の同意を得ず、僕を産んだ」という理由で両親を訴えたのは、インド・ムンバイ出身の27歳の男性だ。男性は「苦しみや悲しみであふれているこの世に、子供を産むことは間違っている」と信じる反出生主義者で、これまでにも自身のFacebookで「なぜ苦しむために生まれなければならないのか」など自らの主張を投稿していた。男性は、地元ニュースサイトLATESTLY』のインタビューに対し、「子供を産むことは親の身勝手な欲望によるナルシスト的な行為だ。僕は生まれた子供たちの苦しみを減らしたいだけ」と、両親を訴えた理由について語っている。2019年5月現在、裁判はまだ開かれておらず、現在、男性は裁判のための準備をしているそうだ。

 中国でも、両親にとっては受け入れがたい理由で訴えを起こした子供がいる。

 中国・湖南(こなん)省では、当時29歳の男性が、仕送りをストップした両親に対し、2014年9月、訴えを起こしたそうだ。男性は高校卒業後、理容師専門学校に進学。卒業後は理容師として働いていたが、ある日、窃盗罪で捕まり、それが会社に伝わったことで会社を解雇された。その後は働かず、寝てばかりの生活を送っていたという。会社を解雇されて以降、両親は数年間、男性に生活費を送っていたが、いっこうに仕事を探そうとしない息子に、愛想を尽かして仕送りをストップ。男性は両親に再度仕送りするよう電話をしたが、無視されることが続いたため、経済的支援をしてくれず屈辱を味わったという理由で両親を訴えたそうだ。

 同じように、親からすればとんでもない理由で子供が親を訴えた例が他にもある。

 2011年にはアメリカ・イリノイ州で当時18歳の娘が、誕生日プレゼントが気に入らなかったという理由で、母親を訴えた。母親は、娘が2歳の頃に離婚。女手一つで育てていたが、自ら立ち上げた事業が成功。娘とともに約150万ドル(約1億6700万円)の豪邸に住むなど、娘には何不自由ない生活をさせていたという。その後も、母親は娘と一緒に暮らしていたが、娘が18歳を迎えた際、母親は娘の誕生日プレゼントバースデーカードを贈ったそうだ。しかし娘はバースデーカードのみで高価なプレゼントや現金が添えられていなかったことに激怒。精神的苦痛を味わったとして、母親に対して訴えを起こし、5万ドル(約558万円)の賠償金を請求したという。娘の訴えは裁判所によって却下された。

 自分の思い通りに親が行動してくれなかったからという理由で親を訴えるとは、子供の単なる甘えにすぎない。親としても子供に訴えられる日が来るとは思っていなかっただろう。一方で、子供のこうした行動は、親が甘やかしたゆえの代償ともいえるかもしれない。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

親には感謝してください!!!

<このニュースへのネットの反応>

インドの方は哲学こじらせた感じだけど中国とアメリカのは親がなんにも悪くなくて草


「僕の同意を得ず、僕を産んだ」←どうやって同意を得たらいいのか、まずそこから教えて欲しいな、坊や。


こういう「俺がニートなのは産んだやつの責任」みたいな論調、たまに見かけるけどてっきりネタで言ってると思ってたわ。訴訟までする奴がいるってことはマジなんだな。お前が*の頃に3億のライバルを蹴散らして卵子にたどりついたんだがそれは罪じゃないのか。


学ばないのか、学べないのか微妙な奴居るしな


なぜかてるとおもったw


徹底して自分の責任だと思えない/思いたくない輩ってのはたまにいるが、ここまでヒドイのがいるとはな。こういう輩に、「生きていることが苦痛なら生きるのやめたら?」なんて言ってもまともに取り合わないだろうな。


何か今の世の中でミュウツーの逆襲が放送されたら反出生主義者がミュウツーに便乗して凄いことになりそう。


俺なら、産んでくれって頼んだわけじゃない、って言われたら お前に産まれてきてくれと頼んだわけじゃない、と答えそうw


親は子供に対して「生まれてきて良かった」と思わせる努力をすべきだって主張なら理解できる


総じて普段親子の会話が無いんじゃね?


まあ擁護する気はないけどまともに育てられないなら生まないでくださいって話だよね


海外でもこういうこじらせちゃった人ってやっぱり居るもんなんだな


製造物責任法・・・


人と河童の世界を勘違いしたんでしょ


はい、逆提訴ね。


独立したやつならわかるだろうが、生きてくのにどれだけ金やら手間がかかるか。普通はここまで育ててくれた親に憎しみより感謝のほうが勝ると思うが。


ニートって元から肩身狭く生きてる人種なのに、逸脱した奴の行いでさらに肩身狭くなるね。こういうのってニートに限らず集団の一部の行いが起こす事だけど。


「いえ、同意は得ております」「ほほう奥様、聞かせてもらえますか」「わたくしが聖人ナーガプーシュラ師に妊娠を願い、ナーガプーシュラ師が未来のわが子と会話させてくれました」「どのようなお気持ちでしたか」「もう天にも昇る快楽でした」「そのあと旦那様と子供を作ったと」「いえ、亭主は何も」「…俺親父の子じゃなかった?」「わが子よ」「ナーガプーシュラぁ!」待て次号


ニートの分際で何いってんだ


インドのは今の世の中を思うとちょっとだけ同情できるかもしれないけど、中国とアメリカの場合は問答無用で親子の縁切って追い出すレベルの*だわ


生の苦しみを説くインド人とか王家に生まれて出家すれば悟りを開けたかもしれないのに


はいはい責任転嫁責任転嫁


親不孝とかは考えないのか。


今時の世の中とんでもないことになってるなぁ…


インド・ムンバイ出身の27歳の男性を支持する。


親を恨んでも憎んでもいいが産んだ責任をとれというと殺処分するしかなくなる 仮にこの世が地獄だとしても成人しておきながら親に尻拭いを要求するようなやつはダメだ


僕が辛い思いしてるのはパパとママのせいだ!なんて言ってるようなやつが悟りをひらけるとは到底思えんな 仏陀の教えは精神が未熟な人間の叩き棒などではない


出産前の子供の同意を得る方法があるのか?


上はともかく、下二つに共通していることは「甘やかしてるからつけあがる」


言ってることは劇場版ミュウツーと同じはずなのに重みが違い過ぎる


産まれてくる子供の同意が得られないのに何で産んでいいと思えるのかという話子供の一生を完全な幸福で満たせる確実な保証がありえない以上、何人も子供を産むべきではない


パパスの会心の一撃事案にならないだけまだマシか


親が製造物リコールして欲しさはある。