気楽に行こうぜ!

以前、友人の僧侶に「人間、世間的には幸福な大往生と言われるぐらいの年齢まで生きられても、いよいよの時にはみんな少なからず後悔の言葉を口にする」と説教を受けたことがある。100%確実にそうとは言い切れないものだけど、そういう人は多いのかもしれない。

人間なんて「あのときああしていれば」の連続で生きている。誰にもその心中を吐露しなくても、内心そう感じたまま死ぬ人だって、少なくないはずだ。そうなってくると大切になるのが、人生を上手く渡って楽しむことじゃなかろうか。となれば、そのために必要なものって何なのか、という話になってくる。(文:松本ミゾレ)


「『俺のやり方にケチつけんじゃねえ』って態度のヤツのほうがなんだかんだ強い」


冒頭の疑問に対する一つのアンサーになりそうなスレッドがある。先日2ちゃんねるに立っていた「社会舐めてるヤツの方が人生上手くいってね?」というものがそれだ。

スレ主はまず「真面目なヤツほど人生つまんなそう」と書いている。そう思う理由もいくつかあるようで、

「態度が横柄なヤツのほうが上司から評価が高い。どうなってる」
「『俺のやり方にケチつけんじゃねえ』って態度のヤツのほうがなんだかんだ強い」

と書き込んでいる。きっと色んな人のことを彼は観察してきたんだろう。

真面目って、今の時代あんまり得をしない。余計な厄介ごとを「頼りにしてるから」とか何とかいう言葉と共に押しつけられ、割を食うような生真面目で遊びを知らない社会人は大勢いる。そういう人は周囲からも、単なる便利なコマ程度にしか見られていない。これは事実だ。

そして、そんな生真面目な人を贄として、"遊びを知っている"連中は上手に手を抜きつつ、上司のおぼえのよろしいことをしてのける。「真面目」は好ましいとされるが、その実は不真面目で遊びを知る人々の、身代わり人形みたいなものだったりするのだ。僕の同級生にも、遊びを知らないまま三十路を越え、未だに燻っている者がいるが、そういう人生を追体験したいか聞かれたら、どうだろうか。


「会社の為に~ってやつが出世してるの見たこと無い」

そもそも人間は、真面目一辺倒で人生を終えるような身体設計をされていない。ストレス発散は大事だし、俗悪な趣味は快楽だ。動物であるので、食って寝ることを何よりの主是として楽しまなくては、早々に病気になって早死にする。

「誰かのために」と押し付けられた仕事をこなす真面目な人は、早晩死んでしまう。そしてお葬式で「イイ人から先に天国に行っちゃうなぁ」と言われて、半月もすれば忘れられるだけだ。そんな人になりたいか。

社会としては、不真面目な人々の跋扈は望ましくないとされているので、誰も推奨はしないんだけど、僕はもっとみんな自己中心的に振舞ったほうがいいと思う。色んな人間がいても、どうせ社会は正常に機能するわけだし。

実際、スレッドにはその証左のような書き込みもある。いくつか紹介しておきたい。

「会社の為に~ってやつが出世してるの見たこと無い」
「毎日終電近くまで残業してる同期はヒラで昇給もほとんどしてないけど、30分ごとにタバコ吸いに行って定時にはあがる俺は2年で主任になれた。上司との仲ですべてが決まる」

手抜きできる部分で手を抜いて、趣味を持ち、教養にも目を向けて、美味い飯や酒を飲んで充分な睡眠を取り、セックスも人並みに楽しむこと。こうでもしないと、人生は面白くもなんともなくなる。

せっかく生まれたんだから、楽しむことにもう少し能動的になってみてはいかがだろうか。さもないと、今際の際に「こんな人生で良かったのかなぁ」と人一倍悩んで、悔やんでしまうことになるし。




(出典 news.nicovideo.jp)

まぁ仕事はこなしているだろうね!

<このニュースへのネットの反応>

なるほど、日本の企業がなぜ競争力を失って没落していっているのかが分かった気がするよ。


まあねぇ、ある程度地力の方が成功する場合もあるから一眼に否定できないけど、自分も会社辞めてから順調だからある意味成功なのかもしれない。


趣味とか他の事にも時間を使いたいって人ほど効率化・合理化の方法を模索しがちじゃないのかなと思う。


念のため指摘するが、それはある程度の実力と運があるヤツ限定だからな?嫌われてる事に気付かない…もしくは跳ね返すだけの実力持ってるならやればいい。無いなら足元すくわれてヒドイ目に会うだけだぞ?


水のふんどしで相撲を取るなよ


横柄なのはあなたにだけってことだろうねえ。それなりに強い人じゃないと大事な仕事はまかせられん*え。


適度に己の強みを主張するのは大事。というか自分の成果を誰が見ても一目瞭然な形にするには「ここぞ」と云う時を心得ていないと中々難しい。どういう風に活かしていけるか日々シミュレートして、提示して見せるタイミングを逃さない事が肝心。出来る奴ってのはそういう場を臆さず(ある意味厚顔無恥に見えるかもしれん)表現する。生存競争と割り切って(勇気出して)前に出るのだ。


好き勝手やってるだけで周囲に都合よく評価されるなんて最近流行りのなろう系でも飽きられてきましたよ? 


前の東京オリンピックから次の東京オリンピックまでの間(50年間)、企業自体、業種、名前など一緒の企業あるのか。分裂するし、数社統合するし、業種も変わるし、無くなるし、数年間の成功例だけで嬉しがるなよ。


結局勝手にやっていると上手くいくってのは、「勝手」に見えるだけで、本当のところは的確な判断と経験から導かれた結論を強く出しているだけじゃないの?非効率なやり方にケチ付けるのが身勝手なら、日本の会社は何時まで経っても業務の効率化は不可能だよ


どんなに正しくても自分から強く主張しないと上手くいかない。誰かが見ていて評価してくれる、などということはほとんどないし、あっても次につながらない。


本当にやっているときにやってる主張はとても大事。じゃないと本当にやってないと思われることもある


残念ながら人は、善人の雄弁よりも、悪人の囁きに耳を傾けるものである


能ある鷹は爪を隠すと言うが僕らは人間なんだから能があるならそれ使え


中間管理職が腐敗してる企業なら割とこれ当てはまる気はする。会社に損害出しててもアピールだけ誤魔化す奴の方が上行くね。負の連鎖が起きて会社は緩やかに衰退するけど。


世渡り上手は一時的に栄えるので分別の定まらないうちは傲慢な人間の方が得のように見える。だが彼らに倣えば確実に躓く。


横柄な態度が許されるくらい優秀というだけ。以上


舐めてるヤツで賞


社会を舐めてるどころか、破壊工作だけするキャリコネに制裁しよう


「横柄なヤツのほうが上手くいく」んじゃなくて「結果を出したから横柄な態度が取れる」んだよな。


そんなわけねえだろ。そういうやつらはいらないって言われて終わり。この記者は読者舐めてるな。


そういう状態を見せられて嫌気が差してきた「出来る人」はさっさと居なくなる。「優秀な人から去っていく」のはつまりそういうことですな。後には外面イキリだけが残って「人材が居ない!人が足りない!」と喚く。こんな滑稽なことはないね。


我が強い人は物事をやり遂げるって方向に働いたら強い。ただでさえ上司からも目立つのに結果だしたらそりゃ評価されるさ。


株や投資も似たようなもんか。才能ない奴がやってもすぐ破産だからな


「舐めた仕事ばかりして誰からも期待されない方が楽」って話かと思ったら違うのね。「上司に気に入られて出世することが正しい」という価値観は変わらないの?


オレの親父が社会のために~って言いつつ月給50万だったぞなんも社会に貢献してなかったけどなそれなりの地位にいたから許されてたんだろう、要はそれ次第


評価項目に真面目に取り組むことだなんて書いてあるか?数字を上げろと言われるが、自分の手で上げなければならないと書いてあるか?つまり、そういうことだ。文系なのに物理も勉強してセンター試験で苦労してるようなもんさ。会社がそういう人を求めるのだからその会社にいるうちは仕方のないこと


横暴じゃない人って人の意見を大切にする一方で、肝心なところで譲ってしまうから結果が出せず社内ニート扱い。 自分は横暴じゃないけど結果を出せてるよという人は、是非があるところを無理矢理通していることを自覚してないだけ


給料をくれる会社に尽くすよりも顔を合わす頻度の高い上司に尽くす方が効率がいいんだよね生産性は上がらないけど、仕方ないね


社会というか回り?舐めてる人はだいたい元の能力高い人多いよなぁ俺は能力低いから舐めた態度なんかしたら終わっちゃう


楽しく生きるコツは「人生を甘くみること」って道徳論者からは目を剥かれそうだが、つまり自分のやりたいコトは必ずかなうと思うコトと同義。何にでも譲ってしまう気の弱い奴は最初から負けている。気の強い者は実力以上の成果を出すのにも理由があるのだが、キャリコネはこんな初歩的な意識改革まで持ち出して転職を煽るのか。


必要とされる力があるからこそ、それを盾にして無理が効く。