2018年は、地震や豪雨といった大型自然災害が続いた。昨年末、日本漢字能力検定協会が発表する「その年の世相を表す"漢字一字"」に「災」が選ばれたことは記憶に新しい。

では、災害の脅威を受けて生活者の防災意識は変化しているのか。インターネットリサーチを手掛けるマクロミル(東京都港区)が2019年2月14日に公表した、「災害や防災に関する定点調査(第5回)」の結果に興味深いデータがある。

西日本豪雨発生後、「豪雨、洪水」への恐怖心高まる

本調査は全国20~69歳の男女1000人を対象に行われた。

まず、回答者たちは地震や豪雨、洪水などの中でも、特にどんな災害に対して恐怖を抱いているのか調べた(推移を観察するため、同設問は17年7月からデータ取得を開始している)。結果、19年2月現在のトップは「地震(96.0%)」で、2位は「豪雨、洪水(65.5%)」となっている。以下「暴風、竜巻(48.9%)、「大規模な火事、爆発(47.0%)」、「津波(38.9%)」の順だ。

「豪雨、洪水」に絞って推移をみると、2018年7月の西日本豪雨発生前後で恐怖心を抱く人の数が大きく変化している。18年2月と同年7月にそれぞれ行われた調査結果を比べると、後者の方が13ポイントも高い。18年7月以降は、ほぼ横ばいだ。

「大災害に対する備えとして行っていること」の質問では、最多が48.1%で「避難場所や避難所の確認」となった。ただ「最多」の回答でさえ半数を割っており、避難場所を把握していない人が多い実情が浮き彫りになっている。また数ポイントの差で続いたのが「日用品・水・食料品などの備蓄(47.2%)」だ。マクロミルは発表資料で、

「国や自治体は大規模災害時の物流の混乱や避難生活に備え、『最低でも3日分、出来れば1週間分程度の家庭用食料品の備蓄を推奨』としていますが、半数の人は備蓄自体を行なっていないという実態が明らかになりました」

とまとめている。<J-CASTトレンド>

度重なる大型災害の発生を受け、一般生活者の防災意識に変化は?


(出典 news.nicovideo.jp)

考えなきゃね!!

<このニュースへのネットの反応>

SPONSORED LINK

備蓄はしてるけど消費期限切れが激しくて困る。10年ぐらい保存できる缶詰とかできませんかね。


怖いくせに何もしないとか、わけわかんねーな


賞味期限はあくまで「美味しく食べられる期限」。味が落ちても良いなら缶詰類は平気で10年以上保つよ。錆とか変形とかで破損しなければだけど。


缶詰なら大丈夫、膨らまなければ30年でもいける。  見た目が大丈夫だったらしいけど、70年以上前の缶詰もあった。  食べてないらしいけど。  


阪神淡路大震災が起きた後、次は東海大震災だって言われて20年以上たつが・・・


怖いけれども実際準備するとなるといろいろ面倒なので後でやっとこう……そして忘れる。これではよほど運がよくない限り助かりませんな。


備蓄してたから東日本大震災のときも余裕でゴロゴロ。


つーか備蓄してない人ってどうやって生活してんの?スーパーとかで見て回ってるときに缶詰とか飲み物とかが安い時に買い溜めとかしないの?うちには常に2ヶ月くらい幽閉されても生き残れる程度の飲食物あるよ。他の非常用のランタンだのラジオだのだって金かけたくなきゃ100均でだって揃うしな


そういや震災の時のパンの品切れっぷりはすごかったなあ。ホットケーキミックスでも置いておこうかな。


1コメのにんじん氏は結果10年後に一斉期限切れで同じ文句を言う愚者。普段の食事に組み込む事で定期的な更新に努めるべし(美味しく食べるアレンジメニューを考案する的な意味でも)


以前あった北海道の大震災と大停電の時だって急いで買わなきゃいけない物は何一つ無かった。ホムセンとかコンビニに並んでるやつらを車から横目で見て「こいつら普段何考えて生きてたんだろうな」って思ったもんだ


ワシが*までにはワシの住んでるとこで大きな災害は起こらないと思ってる。割とマジで。


>ハラミ 災害が起きたら*ってことですね、わかります


缶詰は割と買うけど、テレビで「鯖は体にいい!」を見て食べて、また買ってを繰り返しているかな。あまり普段使わない物を備蓄しても賞味期限切れになるし、停電レベルだと「娯楽がなく、食べるぐらいしか楽しみない」状態だからアレンジがきく缶詰の方が楽しいのよね。ガスコンロがあると冷蔵庫の在庫整理を兼ねて調理も出来たし。ホットケーキミックスは私も次は必須だと思った。


震災に合ってから水と食料はある程度確保しているわ。特に水は貴重。安物でもいいから、常に一定量確保しておかないとマジでヤバい。消費期限近づいたら米でも炊けばええ。


食い物はある程度我慢出来るけど水は何もしなくても毎日1~2L消費するからねぇ.水の備蓄はもちろん,水の浄化の方法くらいは知っておいた方がいいかもしれない


災害に備えるっていう行為そのものに「自分が災難に遭う可能性を認める」ってことに思えて避けてしまうんだろう。それが「自分は大丈夫」って考えに至る訳だ


センセーお菓子は備蓄に含まれますかー


水分の備蓄はペットボトルの水とお茶を分けて買うのおすすめ。水は災害用に取っておいて期限が切れそうになったら使う(極端に言えば水道水でもいい)、お茶は大量に買っておいて普段から飲めばいい。災害時に喉を潤すのにはお茶飲めば水を節約できるし、お茶は平時にスーパーやホムセンを探すと凄く安く買えるよ


↑スナック菓子はわりとマジで重要な備蓄食料でち