アイルランド・ベルファストにある動物園チンパンジーが、太い木の枝を使って塀の外へ抜け出したという。飼育員によると、一部のチンパンジーたちが、最近の暴風により折れそうになっていた枝をうまく使い、高い塀を越えて“脱走”したそうだ。


しかし、しばらくしてから自ら塀の中に戻ったそうで、飼育員は「チンパンジーは賢いですから、塀の外にいるべきでないことが分かっているんです。だから自主的に戻ってきたんですよ」と説明している。


当日の来訪者が撮影した動画には、チンパンジーたちが壁をよじ登り、上に座っている姿や、塀の外を歩き回っている姿などが映されている。


(出典 news.nicovideo.jp)

頭いいからかね?

<このニュースへのネットの反応>

餌も、安全も、快適な住居も保障されてる環境だと分かれば、そりゃ戻るわな…ただ、「自由」はないけど、それに見合う危険を享受できるかって話


賢い


以下チンパン未満のコメント群


アンチェインかな?


チンパン「今更野生になんて戻れるかよっ!!」


だよなあ…安全と食事が保証された環境とある程度のスペースがあるならわざわざ自由とやらのために逃げ出すのはあほらしいよな、尾〇豊じゃあるまいし


俺でもできる


くうねるところにすむところ


きっと寒かったんやろ。現状に不満が無いなら自分の縄張りをわざわざ捨てる理由もないし、軽い散歩になったのでは


気分転換かな


ハムタロサン的な冒険だったんだろな


ウッキー ウキウキ


ビスケット・オリバかなとコメントしようとしたらもうあった件


俺もアンチェインって書こうと思ったらあったw


雑種の犬だってしょっちゅう逃亡しては餌食いに戻ってくるぞ


賢すぎるチンパンジー「安全指数、食料調達指数、自由指数、それらのパラメータから幸福度を数値化した結果、ここが世界で一番幸福だと判明した」


まあでも休園日とかにときたま園内散歩をさせてやったほうがいいかもな。脱走したってことは、塀で区切られた今の生活に対しそれなりのストレスを感じているって事だから。


猿に逃げた意識は無く、ちょっとお出かけして帰ってきただけなんじゃないかな?


なんにしても事故にならなくてよかった。チンパンジーの力はハンパない上に結構凶暴。


今の生活が不満だからじゃなくて塀の外はどうなってるのか見てみたかったんじゃないの。野生から捕まえてこられたチンパンジーでもない限り、自分には自由が無いとすら感じてないでしょ