競泳女子の池江璃花子選手(18)が白血病と告白した影響で、日本骨髄バンクに「登録したい」などの問い合わせが殺到している。

とはいえ、登録が増えても、ドナー不足解消にはクリアすべき課題もあるようだ。

「登録したい」などの問い合わせが270件も来たが...

「普段は、1日に5、6件の問い合わせが来ますが、昨日は、1日で270件もありましたね」。骨髄バンク広報渉外部の担当者は2019年2月13日J-CASTニュースの取材にこう明かした。

「ドナー登録したいが、できるのか」「寄付したい」といった電話やメールが多いという。骨髄バンクの公式サイトにはこの日、アクセスが殺到して、正午前後などにつながりづらい状態になった。

登録するには、駅前の献血ルームなどで申込書に必要事項を記入し、白血球の型を調べるための採血をすればできる。ただ、年齢は、18歳以上、54歳以下で、気管支ぜんそくや肝臓病などの慢性疾患にかかっていないなどの条件がある。

骨髄移植を希望する患者と白血球の型が適合すると、登録者に郵送で通知され、アンケートを返送してもらった後、コーディネーターと面談する。ドナーに選ばれると、家族とともに最終意思確認が行われ、同意すれば撤回できない。患者の生死に関わる状況になるからだ。

移植に当たっては、4~7日入院し、全身麻酔するなどして骨髄採取が行われる。時には、採取後に痛みが伴うことがあり、仕事などにも影響する可能性はある。100%安全とは言えないのが骨髄移植だ。

埼玉県在住のある会社員男性(24)は、高校3年のときに先輩に連れられて、JR大宮駅前の献血ルームで登録した。

候補者の健康状態変化などで、移植率はまだ6割弱

「なんてことはないだろうと軽い気持ちでしたが、移植を体験してみたいとも思いました。その後、大学2年のときに郵送で通知が来て、コーディネーターと埼玉県立がんセンターで面談しました。しかし、当時は太りぎみで、BMIの値が高くてギリギリと言われました。母親も病気にかかっていることも伝えると、それが不安材料になると断られ、もう1人の候補者に決まったようです」

会社勤めになった後の2018年11月も、ドナー候補者になったと通知が来たが、椎間板ヘルニアにかかっていることを伝えると、また断られたという。

骨髄バンクの広報渉外部によると、ここ5年ほどは、毎年2~3万人が登録し、5年ほど前より約5万人も増えて、18年末現在で50万人近くになっている。その一方で、埼玉の男性のように健康状態が変わったり、55歳の年齢制限に達したりするなどして登録できなくなり、取り消す人も増えているそうだ。

40~50代が55%を占めており、ここ5年ほどは、2万人前後が登録抹消になっている。少子高齢化もあって、若い人たちの登録が伸び悩んでおり、抹消の増加にどう対応するかが今後の課題だとしている。

「白血球の型の適合率は95.6%で、患者はほぼ1人以上のドナー候補者が見つかっている計算になります。しかし、候補者の健康や仕事、気持ちが変わっていたり、患者側の希望に合わなかったりします。移植希望者は毎年3000人ほどいますが、2017年は実際の移植を受けたのは57.4%に留まっており、まだドナー不足が続いている状態ですね」

J-CASTニュース編集部 野口博之)

ドナー不足解消への協力を訴え


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


難しい問題だ!

<このニュースへのネットの反応>

登録を義務化すればいいのでは?今回の池江さんの件で盛り上がっているけどほとぼり冷めたら激減する予感しかしない。


登録した2万人が強制的に抹消されてるのかと思った


献血は出来ても、骨髄バンクは移植の時に4~7日入院のせいで登録するの躊躇う。


どうでもいいけど、公式アカのアイコンが微妙にふざけてるように見える


まあ登録だけなら簡単に出来るけど、実際に骨髄を採取するって段にならないと「何をするのか」ってわかりづらいからね。やりますよって連絡来たらビビってしまうかも。


登録するだけの人が増えそうだな。リスクの説明無さすぎ


>お漬物。 義務化するにはドナーの負担が重すぎる。経済的負担は税金で補えても、延べ2週間近く拘束され、人によっては術後1週間程度痛みが続き、健康リスクもあるのだから。まぁ、提供拒否のオンパレードになるのを承知で、登録だけを義務化なら不可能ではないだろうけど、それでも個人情報や生体情報が絡んでいるだけにハードルが低くはない。


骨髄は骨の中にあるのでしょ?骨髄を取り出すには骨に針を刺すのだよな?気安くできるものではないと考える。


数年前に気になったから調べたらこれはさすがに自分の負担が大きすぎるのでこれは無理ってことで登録しなかったな、治験のように協力金がドカッともらえたり献血のように*っと刺して一時間ぐらいで気軽に出来るのなら登録するんだけどね


ドナーになるっていい事なんだろうなと直感的には思うけど、その提供するものは相手の将来そのものなので、責任はかなり重い。仮に移植が上手くいかず自分の提供したもので相手が亡くなってしまったりとか考えたら、辛すぎる。俺にはできない。


金も払わずに善意を利用しようとしてるんだから限界があるのは当然だろ


臓器提供は免許や保険証の裏に意思表示があるけど似た様な感じに出来ないのかな。自分は高校の時に登録したが、或る慢性疾患を発症した事で提供が難しくなり登録削除した


1週間の入院だとキャンセルせざるを得ない人多そうだな。後遺症の可能性もあるって言われたら心も折れるわ


バンクの説明員やってるこちらとしては「池江さん」の流れで登録するだけの人が増えてもね。ってのが実情、海老蔵の奥さんの時同様「話題になってるから気になってるだけ」って人が多そうなのと、法整備が進んでおらず「最低でも1週間程かかるかもしれない入院の間、保障されるものがない」のが現状、有給やボランティア休暇を導入してないととても休めん。増えても出来ない人が多い


失敗するリスクがなくて時間もかからないならいいが時間かかるし手術を失敗するリスクもあるのがね


登録後に転居したり電話番号が変わったりして連絡がつかなくなるケースもあるだろうな。かく言う私も登録だけはしているが、今後もし引っ越ししたら、骨髄バンクへの住所変更の連絡なんぞすぽーんと忘れる自信がある。


多分今登録してる人の何割かは入院必須とか知らないんじゃないか? 年間これだけ登録抹消されてるなら、いざ必要とする人が出ても仕事で無理とか怖気づいたりとかで提供拒否する人たくさんいるだろ。登録段階で説明あるかは知らないけどさ。


現実知らないでノリだけで登録してる人が多そう。 ドナーになりたいと思う人が増えるのは良いかもしれないけど、ちゃんと「現実」も告知してな。 いざその時になって、ってことまで増えるから。


仕事が忙しいとかで簡単に断れるし窓口広くしないと適合者探すだけで大変だから気軽に登録するといいぞ


>木野さん登録段階で入院が必要な事、実際に提供に至るまで3カ月近くかかる事も説明していますよ、それに最終同意説明というサインしたら意思撤回できない。と説明してあってもサイン後に撤回して連絡付かなくなる人もいます。それが現実です、こんな形で話題になって登録数増えても…てのが本音です。興味もってくれてる人にも患者さんにも悪いとは思うけど…ね。