最新FIFAランキング発表! アジアカップ準優勝の日本は27位に急浮上!

国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

最新の発表ではアジアカップの成績が大きく反映されたランキングとなった。準優勝した日本は、前回の50位から大きくジャンプアップし27位に。日本と対戦し、準決勝で敗れたイランも7つ上げてアジアでは最高位の22位となった。

を引いたのはカタールアジア初制覇を達成した中東の雄は55位に。前回から38も順位を上げた。また、イランと同じく準決勝で敗退となったUAEも順位を12上げて67位に。韓国も15上げて38位になるなど、アジア勢が大きく順位を変えた結果となった。

アジアの中では、日本は変わらずイランに次ぐ2位に位置。3位にはオーストラリアを抜いて韓国が浮上した。カタールは5位に上がっている。

なお、全体ではトップ20まで変動はなかった。

2月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.フランス(2)
3.ブラジル(3)
4.クロアチア(4)
5.イングランド(5)
6.ポルトガル(6)
7.ウルグアイ(7)
8.スイス(8)
9.スペイン(9)
10.デンマーク(10)
11.アルゼンチン(11)
12.コロンビア(12)
13.チリ(13)
14.スウェーデン(14)
14.オランダ(14)
16.ドイツ(16)
17.メキシコ(17)
18.イタリア(18)
19.ウェールズ(19)
20.ポーランド(20)
20.ペルー(20)
22.イラン(29)
23.オーストリア(22)
24.セネガル(23)
25.アメリカ(25)
25.ルーマニア(24)
27.日本(50)
28.チュニジア(26)
29.スロバキア(27)
30.ウクライナ(28)
31.セルビア(29)
32.ベネズエラ(31)
33.パラグアイ(32)
34.アイルランド(33)
35.ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(34)
36.北アイルランド(35)
37.コスタリカ(36)
38.韓国(53)
38.アイスランド(37)
40.スコットランド(38)
41.トルコ(39)
42.オーストラリア(41)
43.モロッコ(40)
44.チェコ(42)
45.ギリシャ(43)
46.ナイジェリア(44)
46.モンテディオ(44)
48.ブルガルア(46)
49.ノルウェー(47)
50.ロシア(48)

アジアトップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(22)
2.日本(27)
3.韓国(38)
4.オーストラリア(42)
5.カタール(55)
6.UAE(67)
7.サウジアラビア(70)
8.中国(72)
9.イラク(80)
10.シリア(83)

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ドイツ、トルコ、オーストラリアが低すぎるような


いや変わりすぎだろ全然あてにならんな


FIFAランキングは国際試合をやればやるほど変動するからな


どういう評価点で順位決まってるんだろ


ドイツやオーストラリアが低いのは去年のワールドカップで1次リーグ敗退だからだよさらに言えば去年から算定方法が変わり、国際Aマッチの結果すべてを総ポイントに加算・減算する方式になったので、試合をしない国はポイント変動しないけど、大きな国際大会があるとその参加国だけポイント変動が大きくなるようになった


たぶん次はアフリカと南米の大陸選手権がある今年の夏にアフリカと南米の国だけ大きく順位変動することになる


欧州の協会はたいてい不正の温床で、ランキングなんか意味ない。


強さじゃなくて、印象抜きに結果だけを機械的に計算するランクだから大会勝てば上がるのは当然。


私はアカウントを登録して、国籍は中国がマカオと香港だけありません。日本をばかにして、中国は私を軽蔑しています。私が最も軽蔑している国は日本で、その年に私たちがそんなに多くの中国人を*ました。


一方、韓国はイエローカード&ファウル数が世界最多だった。