RITTERSBACH(ドイツ) 27日 ロイター] - ドイツ南部バイエルン州で、食肉業を営む男性がソーセージの「ブラートブルスト」をテーマにしたホテルを開業した。

客室は、壁紙にソーセージが描かれ、ベッドにはソーセージの形をした枕が置かれ、バスルームの石けんソーセージの形をしている。階下にあるレストランでは、ソーセージを使った多くの料理が楽しめる。

ホテルニュルンベルクから約40キロ南にある。部屋数は7室で、1泊の宿泊料金はシングルルームが78ユーロ(約9730円)から、ダブルルームは98ユーロ。宿泊代に含まれる朝食は、当然ながらソーセージも提供される。ホテルは昨年秋にオープンし、予約は好調だという。

ホテルではソーセージやハムなども販売されているほか、料理教室に参加することもできる。

 1月27日、ドイツ南部バイエルン州で、ソーセージの「ブラートブルスト」をテーマにしたホテルが昨年秋に開業した(2019年 ロイター/Michael Dalder)


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 sozaiza.up.seesaa.net)



<このニュースへのネットの反応>

どうせならベッドもホットドッグのパン型にして、「お前もソーセージになるんだよ!」くらいはやって欲しい


どんだけソーセージにバリエーションあったところでソーセージだしやっぱり飽きるんだわ


ウィンナーコーヒーみたいに 俺が知らない何かしらの意味があるのだと思ったらまじでソーセージだったよ...空腹の人間が入ると飯テロなんてレベルじゃねーな


ホテルの経営者が食肉業となるとなんか納得。ソーセージ愛が激しい。日本でいうなら寿司ホテル(旅館?)、フランスならチーズホテル、アメリカならハンバーガーホテルみたいなものか。料理教室があるのは面白い。


ドイツ・そうせいじ・・・メンゲレさん


便乗して、ホットドッグの形をした、寝袋用意したら?? 今日からあなたもソーセージ気分になれます!


じゃがいもホテルもくるかな


ソーセージで作られたホテルかと思ったが見てがっかりした…


それは私のソーセージだ。


天井には自由に食べていい大小種類様々のソーセージがぶら下がり、ビール各種類お替り自由という夢の桃源郷を想像してやってきた呑兵衛は私です


さんじょうえだおりさんがアップを始めました


これがイタリアならもうちょいオシャレっぽい物を作るんだろうな…


ホテル側とアメリカ人がケチャップのありなしで騒動が起きる未来が見えた。私はねどこの誰かが作ったか分からないソーセージよりこのハインツのケチャップの味を信じるのよ


名前を見て想像力を掻き立てられて来てみれば………